河野ゆかり 実績紹介 YouTube

河野 ゆかり 川崎市議会議員(川崎市多摩区)
  • 川崎市議会河野ゆかりインターネット中継
  • 新型コロナウイルス関連情報
  • 川崎市

ずっと全力

突如起こった阪神淡路大震災。私はボランティアとして地元・兵庫での救援活動に参加しました。
この時、「何よりも大切なのは”負けない心”を築くこと。人の心に寄り添う仕事をしたい」、「安心・安全のまちづくりに貢献したい」と痛切に感じたことが、私の議員活動の原点になっています。
地域のみなさんと手を取り合って、暮らしやすいまちづくりを実現するため、ずっと全力でがんばってまいります。

ずっと全力

三女を育てる母として

学生時代、父の会社が倒産し、経済苦を経験しました。しかし、境遇に負けずに人に尽くす”母”の生き方を見て育った私は、准看護師の道を選びました。その後、三人の子育てに奮闘してきました。この経験を活かし、子育てから介護まで、心に寄り添う政策を実現します。

TOPへ戻る

多摩区の未来のために 多摩区の未来のために

平成23年に初当選させていただいて以来、4800件を超える市民相談を受け、250件を超える安全対策を実現してまいりました。これからも、小さな声をカタチにしてまいります。

TOPへ戻る

河野ゆかり
プロィール
河野ゆかりプロフィール
1967年
兵庫県市島町 (現・丹波市)生まれ
1986年
兵庫県立柏原高校卒業
京都府福知山市松本病院就職
1988年
福知山医師会看護高等専修学校卒業、准看護師として勤務
1995年
阪神淡路大震災ではボランティアとして救護活動を経験
家族 夫と3女
座右の銘 「心こそ大切なれ」
住所 川崎市多摩区菅北浦

TOPへ戻る

河野ゆかりが実現を目指す主な政策

TOPへ戻る


河野ゆかり通信(議会ニュース)第36号

河野ゆかり

全文を読む

TOPへ戻る